Language

  • English (United States)
  • 日本語

日常の生活・仕事や日本に関係する現在/将来の出来事を「ポジティブ」な考え方と「もしこうなったら」というWhatif発想で発信するブログです。

18a502e5fb4404c4062c00e8e036741f - 海外送金の安い方法おすすめ~手数料とレート含めた金額別コミコミ

資産運用

海外送金の安い方法おすすめ~手数料とレート含めた金額別コミコミ

投稿日:


米国等へのドル送金を長年実施してきました。数十回はしているでしょうか。

主なものは、米国の証券会社や銀行への送金です。金融機関の海外分散を万一のためにすることと、日本ではなかなか手に入らないサービスを入手するためです。

また、商売上も売り上げは米国ドルとなるので、日本への送金もしております。

今回、米国の証券会社を新たに開くことにしましたので、金額別のコミコミで、どの方法を用いれば一番良いか検討しました。注目すべきポイント、銀行と送金サービス会社、送金する金額による比較についてご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

注目すべきポイント

海外送金では、例えば都市銀行の窓口から依頼すると、過去には、4000-6000円かかってました。郵便局からは、格安の送金手段がありましたが、今はなくなったと聞いています。

海外送金の手数料〇〇円などと書いて、「安いな」とか思われるかもしれませんが、要注意です。これ以外の費用がこっそり入っているのです。

手数料以外に着目すべきものは、為替レートです。

例えば、2019/9/23時点のレートで見ると、あるものは、109.07,あるものは、107.50円です。

これは、1万ドル送るとしたら、約109万か、約107万の違いになり、1-2万違いますので、手数料の差よりも大きくなります。

為替レートというのも、これも手数料や金融機関の利益が含まれているようなので、特に50万円以上など高額を送金する場合には注意しましょう。

 

銀行と送金サービス会社

外国への送金といえば、以前は、銀行と郵便局のイメージしかありませんが、今は、以下のような送金サービス会社があります。

TransferWise
Payforex

などがあります。送金サービス会社がどんどん表れて競争により、コストが下がるのはユーザとしてはうれしい限りです。

筆者は、少額送金で、楽天銀行と、TransferWiseを比較して使用しましたが、楽天銀行からはどうしても相手のNew Zealandの銀行が指定できなかったので、TransferWiseを利用しましたが、すんなりできました。

きっかり、22 NZDを送金する必要がありましたが、簡単にでき、手数料がたったの130円だったので、びっくりしたものです。22NZDは、約1887円なので、4500円もする銀行の送金を使ったらもったいなさすぎますね。

 

送金する金額による比較

他のサイトを調べると、送金サービスでは、実際に送った額については、TransferWiseが一番安いという紹介がありました。私も実際使ってみて、良かったので、これを比較対象にします。

また、銀行についても過去にいろいろ調べた結果、新生銀行が一番安いので、比較してみます。なお、新生銀行からの海外送金は、手数料が4000円のものと、2000円のGoRemitというサービスのものがあります。

また、ソニー銀行も安く送金できるようなので、確認してみます。

一般的には、以下の性質があります。

・少額の送金には、為替レートよりも送金手数料が安いものが良い。
・高額の送金の場合は、送金手数料よりも為替レートの影響の方が大きくなるので、為替レートが有利な銀行が良い。

私は、証券口座に送金をするので、例として、25万/50万/100万送金する場合について、実際ドルとして届く額で比較しました。

 

新生銀行 手数料4000円 新生銀行GoRemit手数料2000円 TransferWise Sony銀行
為替レート 107.50 109.07 107.52 107.47
25万送金 2288$ 2273$ 2307$ 2298$
50万送金 4613$ 4539$ 4617.5$ 4624$
100万送金 9265$ 9097.5$ 9237$ 9277$
手数料は3000円

*新生銀行、Sony銀行はゴールドクラス

 

これを見ると、25万程度以内の少額送金は、TransferWiseが一番受け取りのドルが大きくなります。そして、為替レートの差異がそのあと、効いてくるので、50万送金では、Sony銀行、新生銀行、TransferWiseがほぼ同じになってます。

なお、銀行サービスの場合は、米国の受け取る銀行によって、額の差があると思いますが、受け取りの手数料や、中継銀行の手数料がああることがあります。私の場合は、15$取られていました。このあたりは、実際に使用する中で、中継銀行の手数料を問い合わせをして確認するしかありません。

この点、TransferWiseはこの手数料は含まれておりませんので、やはり少額の送金には有利です。50万程度までなら、まだ、TransferWiseが有利です。

そして、100万になると、Sony銀行や新生銀行が有利になります。

 

50万程度以内なら、TansferWise

100万以上なら、新生銀行かSony銀行

です。

新生銀行かSony銀行かは、好みかと思いますし、現在どちらかを利用していれば、それで良いと思います。

私の場合は、新生銀行の電話のOperatorのすばらしさと、送金がその日に出ていくこと、を考えて、新生銀行を利用しています。

Sony銀行の場合は、送金が出ていくために、1~5営業日までかかる模様です。

そして、新生銀行の場合には、自分の資産の範囲で、事前に登録すれば、ほとんどいくらでも送金できます。(例:1億円) Sony銀行の場合は、1年間の送金限度額が1000万円となっており、500万以上だと制約があるようですが、実際のところは、調整をしてないので、どの程度大変なのかはわかりません。

新生銀行の場合は、資産を有する証拠書類を提出したら、結構スムースに登録できました。それさえすれば、あとは機械的にできる模様です。

新生銀行のページで、円->ドルに即交換でき、それをスマホアプリで、事前登録先に、送金とすると即座に送金できるのでとても便利です。

なお、他のネット銀行や、送金サービスは、レートだけ見ても、条件があまり良くないため、比較しておりません。



286565 357627 - 海外送金の安い方法おすすめ~手数料とレート含めた金額別コミコミ

まとめ

海外送金で重要なのは、手数料だけでなく、為替レートだということ、また、送金額によってネット銀行か、送金サービス会社かを使い分ければ良いことをご紹介しました。

私は日本の銀行の窓口や、米国の銀行の窓口からも送金手続きをしたことがありますが、登録さえすれば、やはりネット銀行が簡単です。

お役に立てれば幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 


クリック

いつも読んでいただきありがとうございます。記事内容が役に立ったら、ボタンを押してシェアして頂ければ同様の記事にさらに熱が入り励みになります。

-資産運用

Copyright© Yappaw , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.