Game - たけしの挑戦状のゲーム内容と発売日を予想!まさかの追加コンテンツとは?

エンタメ

たけしの挑戦状のゲーム内容と発売日を予想!まさかの追加コンテンツとは?

更新日:


1986年に発売された伝説のファミコン用ゲーム「たけしの挑戦状」がこの夏発売されるというニュースがタイトーより発表されました。

このゲームは伝説のクソゲーと言われ、攻略法を見ないと絶対クリアできない、あるいは攻略法を見てもクリアできないというゲームの常識を覆したものです。

この理不尽さが、あまりゲームを最近やらなくなった人でも興味をひく内容ですね。

タイトーでは、「タイトークラシックス」というシリーズで、昔流行ったゲームをスマホアプリとして取り組んでいるとのことです。

スポンサーリンク

 

たけしの挑戦状はスマホ版でどういうゲーム内容になりそうか?

タイトーの情報によると、「まさかの追加コンテンツを携え、新たな姿となって登場!」とあります。

どういうゲーム内容になるのでしょうか?

「まさかの追加コンテンツ」とは何でしょうか?

また、最近発売されたタイトークラシックスの「タイムギャル」(1985年に発売されたレーザーディスク用ゲーム」は、事前予告機能と開発資料がOptionで付いていました。

このまさかの追加コンテンツのひとつはやはり当時の開発資料でしょう。

30年も前の開発資料を保存しているとはスゴイの一言です。

でも、「まさかの」とあるので、それは攻略のヒントになる情報でもあるのではないかと思います。

スマホで気軽に楽しみたいので、攻略サイトで攻略情報をみながら実施するというよりは、ゲーム上で攻略情報をヒントとして示すのではないでしょうか。

別の見方をすると、もし攻略情報をヒントで流したら、「伝説のクソゲー」ではなくなってしまいます..... が汚名返上としたいのかもしれません。

この攻略情報でも簡単にはクリアできない情報である気がします。

ただし、もし攻略情報がなければ....攻略サイトを見なければとてもクリアはできないでしょう。

次に「新たな姿となって登場」とありますが、どういう姿でしょうか?

忠実に画面を再現するのではなく、変更するのか?

たぶん、それはない気がします。プログラミングもとても手間がかかることになるし、昔遊んだユーザから見れば昔と同じ画面の方が懐かしいからです。

おそらく、追加機能の部分や部分的な修正のみ加え、スマホ用にわかりやすさを与えるものではないかと思います。

スポンサーリンク

 

購買層と発売日は?

本ゲームは無料ではなく、値段はタイムギャルと同じ800円前後と想定します。

有料ゲームを購入するのに抵抗がある人も多いかもしれません。

でも、クソゲーの理不尽さを楽しみたい人が購入するのではないでしょうか。

 

本スマホゲームを購買層は、

  1. 昔ゲームをやった人
  2. 昔ゲームをやらなかったけど興味を持っていた人
  3. 伝説のクソゲーという言葉に興味を持って購入する人

ではないかと思います。この当時1986年はバブル真っ盛りの頃でファミコンも爆発的人気でした。1番の人がもっとも多く、懐かしがりながらするのではないでしょうか。

この年代層なら、今はいい年代になっており、お金をそこそこ持っているので購入する人も多いでしょう。

今のスマホのゲームとは違うティストなので、2番、3番の人も興味を持ったら購入すると思います。

発売日の予想ですが、ボーナスも手に入っていて夏休みが本格的に始まるあたりの8/5(土)と予想します。

行楽の前に入手して移動しながら楽しむ(苦しむ?)ということになるのではないでしょうか。

 

 

タイトーって今どうなっているの?

タイトーから発売と聞いて、タイトーっていう会社が今どうなっているのか、少し調べてみました。

タイトーは、1970年代に「スペースインベーダ」という超爆発的ヒットのゲームを作った会社だと記憶しています。

当時私も週末には必ずゲームセンタにいって、ジョイスティクを、血を流しながら激しく操作し、スペースインベーダをやってしました。

かなりの学生がやっていたと思います。

「名古屋打ち」とか有名な攻略法もでてきたのを記憶しています。

このころ、インターネットもなかったのにそういう攻略方法は口コミで広がったのですね。

タイトーのホームページによると、今はスクウェア・エニックスグループの一員になっていますね。

アミューズメント事業、ゲーム事業等に取り組んでいるとのことです。

損益計算書を見ると、

平成22年度(単位:百万) 平成27年度(単位:百万)
売上 46226 38650
売上原価 32521 26022
登記純利益 ▲2756 1022

売上がさがっているのは、ゲームの会社が沢山出てきたり、スマホゲームが主流になっていったのでしかたないことでしょう。でも利益もしっかり出していますね。

社員数は586名。586名で386億の売上を立てるというのはすごいと思います。

 

まとめ

たけしの挑戦状がどういった形にリメイクされ、ゲームとして登場するのか、まさかの追加機能とは何なのか?

発売は夏とあるが、いつなのか? 予約はあるのか?

このゲームの登場を楽しみに待ちましょう。

 

スポンサーリンク

クリック

いつも読んでいただきありがとうございます。記事内容が役に立ったら、ボタンを押してシェアして頂ければ同様の記事にさらに熱が入り励みになります。

-エンタメ

Copyright© Yappaw , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.