845ab610d932ba8e69091a144666cbc3 s - 仮想通貨で損をしました!暴落するなんて

資産運用

仮想通貨で損をしました!暴落するなんて

更新日:


仮想通貨に対して試しに利用を開始しました。

取引所も複数Openし、複数仮想通貨にもお金を入れました。

1ヶ月位経ちましたけど損をしました。涙)

理由は、中国が仮想通貨取引所を閉鎖すると発表し、暴落したからです。

こんなことは、法定通貨や、株式、商品取引ではないことですよね、予測できませんでした。

今後、共産圏は同じことをやる可能性大です。

つまり、どこかの国の通貨が悪くて仮想通貨が高騰することがありましたが、取引所で引き落としすらできなくなるのなら、そういうことも今後はなくなる可能性が大です。

大体、私は新しいものを、確信なくやると、買ってから値段が下がることが多いんですよね....

損をしている人は気分が悪く、記事にもしないと思います。

自分は、「損も経験のうち」と思い、感想を含めて記事にしました。

これから投資する人は参考にしていただければ幸いです。

また、今後、もし得したら(損し続けても)、ある程度期間を置いて、記録的な要素を含めて記事にしていきます。

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

購入した仮想通貨とその理由

 

仮想通貨で購入したものと理由は、以下です。

 

Bitcoin: 一番メジャーな機軸通貨であり、実際店舗の支払いにも利用されているため。仮想通貨の技術と利用動向を把握できるため。

Eathereum: 二番目にメジャーで、「スマートコントラクト」というサービス機能をついていて、発展が望めるため。

Ripple (XRP): 今後の国際決済に使用されるメジャー通貨になり、FRBや日本の多数の銀行と、SBIが本気で取り組んでいるため。

ちなみに、XRPが通貨的な機能としては、一番有望なため、この通貨を一番有望視しています。

FACTOM: 文書類を多数同時に管理・決済処理できるというサービス機能が有望なため。

NEM(XEM): POIという電力代のかからない承認を行っており、また、ハーベスティング報酬を保有者に払うというユニークなサービスを行っているため。

なお、これ以外に、少し資金を持ち、レバレッジ取引で、仮想通貨の売りたてを行う予定です。

なぜなら、米国株式もそうですが、仮想通貨市場はどこかで大暴落すると見ており、その時に「売り」で、損失カバーすることを考えているためです。

そのため、「売り」の練習をしておく必要があるからです。

その世界は、日経平均先物やFXとはまたひとつ違った世界だと感じてます。

 

購入方法

購入は、各通貨とも、3段階位に分けて実施することとしていました。

ただ、この一ヶ月値段が結構あがり続けていたので、投入資金の2/3位は購入しています。

今思うと、少し投入が早すぎたとは反省しております。

損した比率

それでは、2017年9月10日時点で損した比率を以下に示します。

実際は多少売りもありましたが、買いと売りの記録をとり、買いの金額と、売りの金額、通貨数量から、残額の買い単価を計算してます。

なお、取引所、例えばcoincheckで売ったら、Bitcoin以外はスプレッドが異常に高いので、さらに4,5%損すると思います。

 

通貨 買単価 現在値 損益
Bitcoin 468314 454885 -2.87%
Eather 31956 32098 +0.44%
XRP 23.429 22.59 -3.58%
FCT 3234 2630 -18.7%
XEM 35.85 28.81 -19.6%
レバレッジ 0 0 0
合計平均 -44.31%/5=
-8.862%

2017/9/10 11:52時点

なお、合計欄の-44.13%はすべての損益の%を合算したものです。

実際は通貨毎に投入金額は違いますが、もし均等にお金を入れていたとして、その合計が5通貨で100万円だったとしたら、8万8620円損したことになります。

最後の2つの通貨はcoincheckで買ったことを考え、スプレッドが広いので、そのブン含むとひとこえ、約10万位の損です。

 

感想:

  1. 仮想通貨取引所が一気になくなるなんて想定外。規制強化の動きは今後他の国でもあるかもしれないし、何が急に起こるかわからない。
  2. ニュースは知っていたが、Bitconの下落の足は速く、変化に追随して売り注文を出すことはできなかった。
  3. 売りを迅速にやるためには、相場のモニタを毎日頻繁にやる必要があるが、そんな時間はかけられない。(長期投資の方が全然楽)
  4. 一ヶ月で8%の損は痛い。年間で続けば全額なくなる。かなりボラティリティが高くやはりばくち的要素がある。
  5. ただ、ゴットコインは半分になるとかにはなってない。持ち直しもそれなりにある。
  6. 損をしているのに、損きりせず「あがるかも」と思うのは失敗するパターンなので、本当に仮想通貨が中国取引所閉鎖で今後も上がっていくのか??? 疑問

まとめ

 

一ヶ月で仮想通貨から撤退するのも早すぎるので、もう少しはHoldしてやっていきます。

ただし、利益をとろうとすると非常に忙しそうなトレードになると思います。

そうせずに長期保有中心で行くというのもありです。

今後、利益をある程度確定できたら、長期保有に変更していく予定です。

利益を確定できるか否かが問題ですが。

 

関連記事はコチラ↓

サトシナカモトの論文の読解~ブロックチェーン技術の把握と問題の識別

ビットコインの投資とリスクの考え方

 

 

追記2017/12/03) 試用くらいはしてください、とのコメントもありましたので資金を投入しはじめました。

かなりの取引所をOpenして、論文を読んだりしています。現状は、Bitcoin中心にオルトコインを複数保有しており、国内取引所ではサービスが良くなり、リスク対応もしているbitFlyerを使うようになりました。

かなりの利益があがるようになりました。

基本的な認識は「ばくち」と思っており、投資割合は抑えてます。このバブルは近々何かの理由で崩壊するかもしれないし、2,3年から4,5年続くかもしれないと考えてます。よっていざという時に売り抜ける臨戦態勢にして資金を投入しております。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


クリック

いつも読んでいただきありがとうございます。記事内容が役に立ったら、ボタンを押してシェアして頂ければ同様の記事にさらに熱が入り励みになります。

-資産運用

Copyright© Yappaw , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.