b33bf708f831698a9390b66b81ebe4f5 s - 藤井聡太新記録への道(連勝記録以外)~2017年度

人物

藤井聡太新記録への道(連勝記録以外)~2017年度

更新日:


藤井聡太四段の公式戦連勝記録は29となり、30年ぶりの新記録となりました。

連勝はストップしましたが、他にも新記録候補があります。

2017年度版として、その候補をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

日本将棋連盟による歴代ベストランキング

 

日本将棋連盟が歴代の記録のベストランキングを発表しています。

 

内容は以下です。

  1. 年度対局数ベスト10 (78~89) 一位 羽生
  2. 年度勝数ベスト10(56~68) 一位 羽生
  3. 勝率記録ベスト10(0.8095~0.8545) 一位 中原
  4. 連勝記録ベスト10 一位 藤井
  5. タイトル獲得回数(19~97) 一位 羽生
  6. 一般棋戦優勝回数(22~44) 一位 大山
  7. 同一タイトル通算獲得(18~24) 一位 羽生
  8. 同一タイトル連続獲得(12~19) 一位 羽生
  9. タイトル連続登場(11~50) 一位 大山

この中で、5番以降は、かなりの年数がいるので、プロ入りしたばっかりの今年は無理ですね。

一番、取れそうなのは、3番の勝率記録ですね。現在、0.952です。 でも、これから強敵とあたることが多くなるかもしれません。

年度対局数という記録は、数だけこなせば言い訳でもないので、あまり記録としては、ぱっとしてない気がしますが、ベスト記録の中では一番最初に出てします。

対局数の数が多いというのは、それだけ力量が高い棋士ということになるのでしょうか。ちなみにひふみんは入ってませんね。

藤井四段の対局数を、今までの実績から想定すると、

12月24日~7/6で31局です。

195日で、31局なので、

31 * 365/ 195 = 58回

このままのペースでは、年度対局数や、年度勝数は難しいですね。

 

 

対局数ってどう決まるの?

やっぱり対局数ってどう決まるのかもう少し調べてみました。

年間の総対局数が決まっているので、どんどんと勝っていかないと、対局数は増えないとのことです。

では、レーティングが高い棋士で今まで2017年度に入ってから何局対戦しているか調べました。

藤井四段は、4月から、21戦です。

リストにすると、10戦、10戦、8戦、13戦、13戦、6戦、15戦......

なんと、藤井四段の方が全然多いですね。

これから対局数が多くなるのでしょか.....

そうすると、先ほどの予測の対局数より多くなる可能性もあるかもしれません。

 

これからウォッチする新記録

対局数が多くなる可能性も否定できないので、以下の内容の新記録ができるか否か、対局毎に見ていくこととします。

可能性のありそうな順で、

勝率記録の新記録(0.8545) 中原

年度勝数の新記録(68) 羽生

年度対局数の新記録 (89) 一位 羽生

まあ、藤井四段は、これらの記録を意識することなく、「一局一局に集中します」というと思いますが、まわりで盛り上がりましょう!

追記: 週間ダイヤモンドの記事を見ましたが、藤井四段は、現在の棋士レーティングの+200を目指すとのことです。これも追加しました。

 

新記録への挑戦と現状

記録 過去のベスト記録 藤井四段の現状
勝率記録 0.8545  中原 0.952  (新記録中)
棋士レーティング 1900(目標) 1884 (佐藤天彦名人) 1703
年度勝数 68 羽生 20
年度対局数 89 羽生 21

2017年7月13日時点

 

まとめ

藤井四段のこれからの活躍を見守り、ますます盛り上がるために、今後取れそうな新記録を整理してみました。

今までの勝率を維持できるか否かが注目ですね。

もし負ける確率が今までと同じなら、また追加で29連勝位いくのではないでしょうか。白鳳にも自分の記録を超えるように言われましたしね。

 

60x60bb - 藤井聡太新記録への道(連勝記録以外)~2017年度

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


クリック

いつも読んでいただきありがとうございます。記事内容が役に立ったら、ボタンを押してシェアして頂ければ同様の記事にさらに熱が入り励みになります。

-人物

Copyright© Yappaw , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.