b33bf708f831698a9390b66b81ebe4f5 s - 藤井聡太26,27,歴代最多28連勝に挑む!相手とその勝率は?

人物

藤井聡太26,27,歴代最多28連勝に挑む!相手とその勝率は?

投稿日:


藤井聡太四段の公式戦連勝記録が更新されております。

中学生でこの強さ、羽生でも6連勝どまりでしたので、どこまで続くんでしょうか? 個人的には28連勝まで行くと想定してました。また、勝ってもとても謙虚ですね...

もし26,27連勝したら、28連勝をかけた戦いは、また澤田真吾六段となります。

また、もしもここでまた勝てば、どこまで連勝するかわかりませんが、ただ、人間はミスを犯す動物です。どうなるかは本当にわかりません。

澤田真吾六段とは対戦して、6/2に勝利してますが、そのときは千日手でやり直しとなり、澤田さんの方が消費時間が多く1時間半も差があったことがありました。

でも都成さんと同様、二回目の対戦は、澤田さんもしっかり対策を考えて打ってくるはずなので強敵ですね。

26~28連勝という記録を目指した対局は以下のスケジュールとなります。

28連勝に向けて目が離せなくなります。

  1. 6/15 第76期順位戦  瀬川晶司五段
  2. 6/17  第11回朝日杯 一次予選 1回戦  藤岡隼太アマ
  3. 6/21  第67期王将戦  澤田真吾六段

藤井聡太四段及び対戦相手のの戦績とレーティング、事前に実施した結果予想についてまとめました。

勝負メシの予想は....最近ほとんど食べないのでやめました....

6/15のみニコ生、AbemaTVの放送があります。6/21は将棋プレミアムで生放送があります。またいつもの通り日本将棋連盟ライブ中継を見ます。

 

スポンサーリンク

 

 

藤井聡太四段の戦績とレーティング

藤井四段は、公式戦25連勝でした。

負けた記録は、非公式戦の2です。

勝った数が25+6=31で、負けた数が2(非公式) です。

公式戦は連勝しているので、本番に強いタイプでしょうか。

次に、棋士の強さをイローレーティグという方法で示せます。

公式戦は連勝しているので、本番に強いタイプでしょうか。

次に、棋士の強さをイローレーティグという方法で示せます。

このイローレーティングの定義は、

イロレーティング (Elo rating) とは、チェスなどの2人制ゲームにおける実力の測定値(レーティング)の算出法である。「イロ」とはこの算出法を考案した、ハンガリー生まれでアメリカの物理学者であるアルパド・イロ(英語版)に由来する。
出典:「イロレーティング」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年1月20日 (金) 16:21  UTC

 

このイロレーティングで棋士を評価したサイトが以下です。

 

棋士ランキング 2017/6/12 現在

藤井四段は、1673点です。

定義によると平均的な対局者の点数は1500点です。

 

 

対戦相手の瀬川晶司五段について

対戦相手の瀬川晶司五段は一段上ですね。

年齢は47歳です。羽生善治と同じ年です。

サラリーマンから初めてプロ編入試験でプロになったとのことです。

小学生5年から将棋を始めて奨励会にも入りましたが、年齢制限26際で一度退会。

そこからなんとすごいことに、弁護士を目指し大学に入り、でも営業としてサラリーマンになったとのことです。その後アマチュア王将となり、プロ編入試験でプロになったとのことです。

なんとも異例の経歴ですね。

「泣き虫しょったんの奇跡」という本も出していますね。

 

戦積とレーティングはいくつでしょうか。2007年以降で見てみます。

 戦績

対戦数 勝ち 負け
2007年度 23 14 9
2008年度 23 12 11
2009年度 26 17 9
2010年度 34 17 17
2011年度 31 16 15
2012年度 41 24 17
2013年度 39 22 17
2014年度 37 20 17
2015年度 36 19 17
2016年度 36 17 19
2017年度 5 3 2
合計 331 181 150

2017年最近二回は連続して勝ってます。

勝率は、55%です。

 

 レーティング

瀬川晶司五段のレーティングは、1571点です。

 

結果予想

レーティグだけで予想すると

藤井四段 1673

瀬川五段 1571

で、藤井四段の方が有利なので藤井四段が勝つことが予想できます。でも、苦労人で経験の長い瀬川さんにも頑張って欲しいです。

 

瀬川晶司五段の戦い方

瀬川さんは、個人ブログを持ってますね。結構面白い。

6/5には藤井四段を応援しています。

戦い方は、あまり良くわかりませんが、特に固執する戦法はないのでしょうか。

ても、「横歩取りマップ」という本を出しています。横歩取りをしかけるのでしょうか。

横歩取りは、お互い角の前の歩を一歩前に出してその歩を飛車が横からとるためにつくられた名称です。

これは、24連勝の時の梶浦宏孝四段が得意そうな戦法でしたが、その時はそうなりませんでした。

また、中飛車戦法も取ることが多いようです。これは、飛車を王の目の前まで持ってくる戦法です。

どちらかの手でくるか、あるいは藤井がこの手を逆に使うと面白い戦いとなるでしょう。

 

なお当日は、10:00開始で、

昼食休憩 12:00-12:40

夕食休憩 18:00~18:40

の長帳場です。

食事をしっかりととって対応するでしょう。最近は梅雨で寒くなってきたので、たぶん麺系はないですかね....

 

次の対戦相手の藤岡隼太アマについて

もし先ほどの勝負に勝ったら次の対戦です。

アマチュアの方なので、戦積とレーティングがありません。

まだ東大一年生、19才といっても藤井よりも年上ですね。

2017年には学生名人になったとのことです。

 

 

スポンサーリンク

 

結果予想

レーティグ情報はないですが、通常プロがやはりアマよりは断然強いと予想します。

藤井四段がやはり勝つことが予想できますが、東大生の頭脳で、思いがけない分析と戦法でいい勝負をするかもしれません。

 

藤岡隼太アマの戦い方

あまりデータがないのでわかりませんが、学生名人戦の決選では、居飛車を指したようです。

自分の力を出し切れるようにといっているので、自分の好む戦法を使うでしょう。

ただし、戦法が良く知られてないので、逆に藤井も対策を事前に講じるのは難しいと思います。

プロ対アマの構図もありますが、中学生対東大生の構図ともなるので興味のある対局となるでしょう。

 

 

 

次の対戦相手の澤田真吾六段について

対戦相手の澤田真吾さんは二段上の六段ですね。

年齢は25歳です。

17歳でプロ入りしてます。

将棋を始めたきっかけはNHKの「ふたりっ子」を見てとのことです。

2013年には通産100勝をあげています。

得意戦法は特にないそうです。

 

戦積とレーティングはいくつでしょうか。

 戦績

対戦数 勝ち 負け
2009年 33 20 13
2010年 38 26 12
2011年 41 24 17
2012年 48 37 11
2013年 38 26 12
2014年 44 29 15
2015年 36 18 18
2016年 38 27 11
2017年 10 8 2
合計 326 215 111

2017年は負けなしですね。

勝率は、66%です。

 

 レーティング

澤田真吾六段のレーティングは、1761点です。

 

 

結果予想

レーティグだけで予想すると

藤井四段 1630点

澤田六段 1761

で、澤田真吾六段の方が有利ですので、澤田六段が勝つことが予想できます。

 

 

澤田真吾六段の攻め方

澤田真吾六段は、特に得意な戦法はないらしいですが、一日四局対応で全勝したりして体力・知力があります。

前回の対戦では、時間を使いすぎて、時間切れになったあとに負けてしまいました。これは都成さんと同様です。

今回は時間の使い方を考えて控え目にして、対策を練ってくるので前回よりさらに強敵になっていると思います。

 

対戦中の小ネタ 勝負メシ

今までのいくつかの試合で勝負メシが発表されなかったので、予想もやめてしまいましたが、前回の澤田さんとの試合の中で、澤田さんは昼を抜いてました。

澤田さんは前回メシ抜きで負けたので、今回は昼飯を食べると思います。

 

60x60bb - 藤井聡太26,27,歴代最多28連勝に挑む!相手とその勝率は?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


クリック

いつも読んでいただきありがとうございます。記事内容が役に立ったら、ボタンを押してシェアして頂ければ同様の記事にさらに熱が入り励みになります。

-人物

Copyright© Yappaw , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.